スポンサーサイト

レーシック手術後の不安な帰り道

レーシック手術も無事成功に終わりました。手術後の簡単な検査を終えると、「ではまた明日検査で・・・」 って感じで直ぐに帰宅できます。確かに、手術も無事に終わったし、当然と言えば当然なのでしょうが。なんか歯医者に行ったくらいの感覚で、あまりにもあっけなくちょっとビックリしました。というのも、手術が終わったといっても、完全に物がハッキリ見えるわけではありません。フラップという幕を作ったからか、ちょっと物...

レーシック手術いよいよ本番

レーシック手術いよいよ本番当日です。手術の時間は夕方にしました。手術をしたあとは目を休ませなければいけないし、なにも出来ないと思ったからです。せっかく東京に来たので、昼はちょっと東京見物をしました。と言っても、レーシック手術がひかえているので、落ち着いて見物などできなかったのが本音です。そして夕方になり、いよいよレーシック手術本番です。1時間くらい視力など最終検査をしました。点眼麻酔をしたあと、イ...

レーシック手術の前日の検査

前日の検査は、2時間から3時間くらいかかりました。視力から始まり角膜の厚みなど、いろいろ検査することがいっぱいです。私の一番の心配は角膜の厚みでした。角膜の厚みは個人差があります。コンタクトを付けた期間が長ければ長いほど、角膜は薄くなってしまうと聞いてました。そして、レーシック手術というのはレーザー治療によって、角膜を削ることで視力を回復させるのです。ようは角膜というレンズを削って調整することで、...

レーシック手術前の不安の声

いよいよレーシック手術を受けるために東京へ向けて出発です。そう、レーザー治療を受けるため品川近視クリニックへ向けてです。いざ、準備万端で出発しようとする1週間ほど前、前の会社の後輩君から電話が入った。なんせ転勤で東京へ行くことになったので、送別会に出席して欲しいとのこと。聞けば、東京へ出発する前の日。前の会社は自宅から車で1時間半以上離れています。送別会に出席すれば、東京出発前に前の会社付近で前泊...

レーシック手術前の準備

友達のレーシック手術体験談を聞いて、自分も受けることをついに決断しました。とりあえずは、ネットで検索してみることにしました。いろいろ調べてみましたが、やはり品川近視クリニックが一番有力でした。理由は単純です。友達が品川近視クリニックで、ど近視から視力回復に成功したからです。以下のことがネットで分かりました。・イントラレーシックが両目で20万円 (当時の金額)・交通費と宿泊費が20万円に含まれる・手...

友達のレーシック手術体験談

レーシック手術を受けたいけど~ちょっと~!という生活が何年も続きました。多分そんな感じで一生できずじまいなんだろうな~と思い始めたころ、私にとってある事件がおきました。(事件とは大げさですが)私の友達が品川近視クリニックでレーシック手術を受けていたのです。しかも、既に視力は回復していて、とても快適な生活をおくっていました。その出来事は、私にとってはとっても身近で大きい出来事でした。タイガーウッズで...

レーシック手術へのあこがれ

コンタクトレンズ生活は長く続きました。社会人になってから、レーシックという視力回復手術が身近になってきたことを知りました。でも、それでも確かまだ両目の手術代金が50万円以上はしていたと思います。さすがに50万円は出せませんでしたし、それにちょっと怖かったのもあります。それと心配したのは、私が超が付くほどの近視だったので、仮にレーシック手術を受けても完全には治らず、メガネなどが必要になるのではないか...

メガネからコンタクトレンズへ

メガネは私にとって、とても不都合でした。高校3年でその不都合なメガネをやめ、コンタクトレンズを着用するようになったのです。きっかけは、姉貴がすでにコンタクトを着用していた、というのがかなり影響したと思います。最初はちょっと違和感のあったコンタクトですが、1週間もすれば超快適。それはそれは、メガネ生活とは天と地との差でとても快適でした。汗をかいても、走ってもずれない。それとメガネを長時間かけることで...

メガネは不都合がいっぱい

中学・高校で完全に 「ど」 が付くほどの近視になりました。最終的には視力が両目とも0.01~0.03まで落ちてしまったのです。中学の後半ではそれほど日常生活的には困らなかったのですが、黒板の字が見えないということで、そのころ初めてメガネを作りました。でも、授業中以外はほとんど裸眼での生活です。自分にはメガネがどうも合わなかったのです。長時間メガネをかけていると、頭が痛くなったりもしました。そのころバ...

視力低下のとどめを刺したファミコン

視力低下のきっかけは中学時代のパソコンでした。そして、とどめはファミコンことファミリーコンピューターでした。我々の中学時代後半からはやり始めたファミコン。我が家では親に買ってもらうことが出来なかったので、中学を卒業すると同時に自分で購入しました。この自分でというのが実はちょっとミソで、実は自分のお金で買ったわけではないのです。中学を卒業するときに学校側から、なんかのお金が返金されたのです。それは、...

近視によって視力が落ち始めた中学のころ

私は中学1年くらいまでは、本当に目が良かったです。視力は両目とも1.5はありました。それこそ目が悪い人の気持ちなど、まったくわかりませんでした。それが中学2年くらいからか、徐々に近視になり視力が落ちていったのです。最初の原因はパソコンです。当時からパソコンに興味をもち、今のようなインターネットなどなかったので、ベーシック言語を自分でプログラミングして遊んだものです。しかも専用ディスプレイなどなく、...

レーシック手術体験談を書くきっかけ

私は典型的な目が悪い家庭で育ちました。両親は2人とも目が悪く、2人ともメガネをしていました。例外でなく私も中学の頃から目が悪くなりだし、高校を卒業するころには両目とも0.03くらいでした。メガネはもちろんのこと、コンタクトもソフトとハードを経験し、とにかく不便な生活を長くしていたのです。レーシック手術には以前より興味はあったのですが、手術を受ける勇気まではなかったのです。そんなとき、あることがきっ...

プロフィール

lasik01

Author:lasik01
中学のころから近視が進み、高校を卒業する時には、すでに視力が両目とも0.03でした。
それがレーシック手術を受けることで、今では裸眼で幸せに生活しています。
まさしくレーシック手術によって世界が変わりました。

サイトの内容


はじめに
・レーシック手術体験談を書くきっかけ
・レーシック手術とは
・レーシックの利点

視力が低下するまで
・近視によって視力が落ち始めた中学のころ
・視力低下のとどめを刺したファミコン

ど近視になってから
・メガネは不都合がいっぱい
・メガネからコンタクトレンズへ

レーシック手術を決断するまで
・レーシック手術へのあこがれ
・友達のレーシック手術体験談

レーシック手術を受けるまで
・レーシック手術前の準備
・レーシック手術前の不安の声

レーシック手術 本番
・レーシック手術の前日の検査
・レーシック手術いよいよ本番
・レーシック手術後の不安な帰り道
・レーシック手術後の緊張の夜
・レーシック手術を受けた次の日

レーシック手術後の検査
・レーシック手術後の1週間目の検査
・レーシック手術後の1ヶ月
・レーシック手術から1年

レーシック手術 そのご
・左目の視力が低下
・今度は右目の視力が低下
・レーシック手術後そろそろ3年

レーシック手術後の本音
・視力回復のおかげで地震も怖くない
・宿泊ありの旅行もなんのその
・レーシック手術によって本当に獲得できたもの

オススメの眼科・クリニック
・品川近視クリニック
・神奈川クリニック眼科
・錦糸眼科

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。