スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://lasik012.blog26.fc2.com/tb.php/13-5c54f651

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

レーシック手術後の不安な帰り道

レーシック手術も無事成功に終わりました。

手術後の簡単な検査を終えると、「ではまた明日検査で・・・」 って感じで直ぐに帰宅できます。

確かに、手術も無事に終わったし、当然と言えば当然なのでしょうが。


なんか歯医者に行ったくらいの感覚で、あまりにもあっけなくちょっとビックリしました。

というのも、手術が終わったといっても、完全に物がハッキリ見えるわけではありません。

フラップという幕を作ったからか、ちょっと物がかすんで見えるような感じでした。


その状態で、目の保護用のメガネをかけて帰るだけなのです。

慣れていない東京の電車に乗ってホテルまで帰らなければいけない、しかも夜です。

私のような田舎物にとっては、ちょっと不安でした。

そんなときこそ変なことを考えるものです。

今なにか起きたらどうしよう! (襲われたら、ただ逃げるしかないなって感じです)


夜のごはんも実はちょっとした、エピソードがあります。

出来る限りホテルに近い食堂で食べようと思いました。

歩いている途中、美味しそうなカツの弁当屋さんがあったのですが、とりあえず素通りしました。

いよいよホテルの近くの食堂と思ったら、あまりいい食堂がなく、ホテルまで着いてしまいました。

そこで、途中にあった美味しそうなカツの弁当にしようと思って引き返すと、すでに閉店。


けっきょくホテル近くの、しみったれた中華料理屋さんで食べたような気がします。

料理が出てくるまで 「何やってんだ俺!」 とたそがれたのを覚えています。

そんなこんなで、無事にやっとホテルにたどり着きました。


田舎物の鉄則1 : 近くのホテルを取って明るいうちに帰る(電車に乗らないのがベスト)

田舎物の鉄則2 : 手術した日はとにかく弁当を買ってホテルへ帰る

これ鉄則ですよ!
スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://lasik012.blog26.fc2.com/tb.php/13-5c54f651

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

lasik01

Author:lasik01
中学のころから近視が進み、高校を卒業する時には、すでに視力が両目とも0.03でした。
それがレーシック手術を受けることで、今では裸眼で幸せに生活しています。
まさしくレーシック手術によって世界が変わりました。

サイトの内容


はじめに
・レーシック手術体験談を書くきっかけ
・レーシック手術とは
・レーシックの利点

視力が低下するまで
・近視によって視力が落ち始めた中学のころ
・視力低下のとどめを刺したファミコン

ど近視になってから
・メガネは不都合がいっぱい
・メガネからコンタクトレンズへ

レーシック手術を決断するまで
・レーシック手術へのあこがれ
・友達のレーシック手術体験談

レーシック手術を受けるまで
・レーシック手術前の準備
・レーシック手術前の不安の声

レーシック手術 本番
・レーシック手術の前日の検査
・レーシック手術いよいよ本番
・レーシック手術後の不安な帰り道
・レーシック手術後の緊張の夜
・レーシック手術を受けた次の日

レーシック手術後の検査
・レーシック手術後の1週間目の検査
・レーシック手術後の1ヶ月
・レーシック手術から1年

レーシック手術 そのご
・左目の視力が低下
・今度は右目の視力が低下
・レーシック手術後そろそろ3年

レーシック手術後の本音
・視力回復のおかげで地震も怖くない
・宿泊ありの旅行もなんのその
・レーシック手術によって本当に獲得できたもの

オススメの眼科・クリニック
・品川近視クリニック
・神奈川クリニック眼科
・錦糸眼科

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。