スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://lasik012.blog26.fc2.com/tb.php/16-b673a5d5

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

レーシック手術後の1週間目の検査

レーシック手術は大成功でした!

見るもの全てがハッキリとクッキリと見えます。

でも、気は抜けません。

レーシック手術後とくに1週間は、目を保護しなければいけないからです。

角膜実質層を保護するフラップというフタのようなものが、ずれてしまったら大変らしいです。



なので、昼は保護用メガネを常時着用します。

夜は例のごとく、保護用のプラスチックカバーを顔に貼り保護します。

ようするに、昼夜問わず24時間、目を保護し続けなくてはいけなのです。

最低でも1週間です。

正直この1週間は、とても気を使いました。

なにかあったら一生の問題になるかも・・・・・、などと考えたからです。

そんな1週間もなにごとも問題なく過ぎ、いよいよ1週間検査がやってきました。



それは地方の片田舎から、また東京の品川近視クリニックへわざわざ行くのではありません。

品川近視クリニックは、至るところの地方の眼科と提携しています。

その中から自分が一番近い眼科へ行って検査を受ければいいのです。

幸いにも私の住んでいる地方の片田舎にも、提携している眼科があり助かりました。

正直このネットワークには助かりました。



ところが

その眼科はどうもレーシック手術には賛成でないような感じでした。

「フラップがずれたら大変だよ!」 などとはきすてるように言われたのを今でも覚えています。

なにがどう大変なんだが説明もせずにです。

そんなに賛成でないなら、品川近視クリニックと提携しなければいいのにと思ったほどです。

レーシック手術をする技術がない僻み根性にしか、私には聞こえませんでした。



まあそんな話はいいとして

レーシック手術後の1週間検査は、なにも問題なかったようでひとまず安心です。
スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://lasik012.blog26.fc2.com/tb.php/16-b673a5d5

0件のトラックバック

1件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

Author:lasik01
中学のころから近視が進み、高校を卒業する時には、すでに視力が両目とも0.03でした。
それがレーシック手術を受けることで、今では裸眼で幸せに生活しています。
まさしくレーシック手術によって世界が変わりました。

サイトの内容


はじめに
・レーシック手術体験談を書くきっかけ
・レーシック手術とは
・レーシックの利点

視力が低下するまで
・近視によって視力が落ち始めた中学のころ
・視力低下のとどめを刺したファミコン

ど近視になってから
・メガネは不都合がいっぱい
・メガネからコンタクトレンズへ

レーシック手術を決断するまで
・レーシック手術へのあこがれ
・友達のレーシック手術体験談

レーシック手術を受けるまで
・レーシック手術前の準備
・レーシック手術前の不安の声

レーシック手術 本番
・レーシック手術の前日の検査
・レーシック手術いよいよ本番
・レーシック手術後の不安な帰り道
・レーシック手術後の緊張の夜
・レーシック手術を受けた次の日

レーシック手術後の検査
・レーシック手術後の1週間目の検査
・レーシック手術後の1ヶ月
・レーシック手術から1年

レーシック手術 そのご
・左目の視力が低下
・今度は右目の視力が低下
・レーシック手術後そろそろ3年

レーシック手術後の本音
・視力回復のおかげで地震も怖くない
・宿泊ありの旅行もなんのその
・レーシック手術によって本当に獲得できたもの

オススメの眼科・クリニック
・品川近視クリニック
・神奈川クリニック眼科
・錦糸眼科

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。