スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://lasik012.blog26.fc2.com/tb.php/3-2f96198d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

レーシック手術体験談を本音で語る視力回復 in品川近視クリニックサイトトップ >目が悪くなるまで >>視力低下のとどめを刺したファミコン

視力低下のとどめを刺したファミコン

視力低下のきっかけは中学時代のパソコンでした。

そして、とどめはファミコンことファミリーコンピューターでした。


我々の中学時代後半からはやり始めたファミコン。

我が家では親に買ってもらうことが出来なかったので、中学を卒業すると同時に自分で購入しました。

この自分でというのが実はちょっとミソで、実は自分のお金で買ったわけではないのです。

中学を卒業するときに学校側から、なんかのお金が返金されたのです。

それは、ほぼ全員の生徒に返金され、確か1万いくらだったと思います。

当時も多分なんのお金だったのかよく分かってなかったと思います。


言ってしまえば、自分から親に言わなければ分からないお金。


私と友達は、目を見合わせてキラリ、意思の疎通ができてるかのように同じことを考えたのでしょう。

先生の最後の話が終わるや否や、友達2人と速攻でウォッチマンへ行き購入したのでした。

(ウォッチマンとはかつての専門量販店で、高級ブランド品の安売りチェーンの先駆けとなった店)


当時はドンキーコングJrやマリオなどがはやっていた時代です。

その中でも私の視力のとどめを刺したのが、高校時代の麻雀ゲームでした。

高校に入って麻雀を覚え麻雀にのめりこみ、メンツが集まらないときはファミコンのゲームをしました。


こうして、どんどん私の目は近視がすすみ、ど近眼となってしまったのです。

高校時代で既に視力が0.1くらいには落ちてしまったと思います。
スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://lasik012.blog26.fc2.com/tb.php/3-2f96198d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

lasik01

Author:lasik01
中学のころから近視が進み、高校を卒業する時には、すでに視力が両目とも0.03でした。
それがレーシック手術を受けることで、今では裸眼で幸せに生活しています。
まさしくレーシック手術によって世界が変わりました。

サイトの内容


はじめに
・レーシック手術体験談を書くきっかけ
・レーシック手術とは
・レーシックの利点

視力が低下するまで
・近視によって視力が落ち始めた中学のころ
・視力低下のとどめを刺したファミコン

ど近視になってから
・メガネは不都合がいっぱい
・メガネからコンタクトレンズへ

レーシック手術を決断するまで
・レーシック手術へのあこがれ
・友達のレーシック手術体験談

レーシック手術を受けるまで
・レーシック手術前の準備
・レーシック手術前の不安の声

レーシック手術 本番
・レーシック手術の前日の検査
・レーシック手術いよいよ本番
・レーシック手術後の不安な帰り道
・レーシック手術後の緊張の夜
・レーシック手術を受けた次の日

レーシック手術後の検査
・レーシック手術後の1週間目の検査
・レーシック手術後の1ヶ月
・レーシック手術から1年

レーシック手術 そのご
・左目の視力が低下
・今度は右目の視力が低下
・レーシック手術後そろそろ3年

レーシック手術後の本音
・視力回復のおかげで地震も怖くない
・宿泊ありの旅行もなんのその
・レーシック手術によって本当に獲得できたもの

オススメの眼科・クリニック
・品川近視クリニック
・神奈川クリニック眼科
・錦糸眼科

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。