スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

品川近視クリニック

私がレーシックという視力回復手術をしたのは、品川近視クリニックです。

なので、一番は自分で体験した品川近視クリニックが自分的にはオススメです。



■料金について

スーパーイントラレーシック 13.3万円  6年保証

品川プレミアムスーパーイントラレーシック  17.8万円  10年保証

いずれも1万円割引適用時の金額ですが、いつもキャンペーンを行なっているようです



■交通費

交通費はエリアにもよりますが、1万円までは補助がでますので、ちゃんと請求しましょう

交通費適用手術

・品川プレミアムスーパーイントラレーシック
・ラゼック
・エピレーシック



■宿泊費

3年ほど前に私が受けたときには、宿泊費も補助してもらえました

今は金額事態が下がっているので、補助は交通費のみのようです



■金利0%ローン

手術代の支払いでローンを組むとき、20回までは0%の金利です

最高で60回払いまで可能です



まずはこちらのサイトから資料請求してみましょう!


⇒ 品川近視クリニック


レーシック手術によって本当に獲得できたもの

レーザー治療によるレーシック手術で、超近眼から視力が回復しました。

視力が回復したことで、いろんなものを手に入れました。

その中でも、一番大きかったものは、「ヨット」 という趣味かもしれません。



私は視力が低下して、コンタクトレンズを着用するようになってからとても長かったです。

その間、どうもアウトドアというものにとても積極的ではありませんでした。

ましてや、マリンスポーツとなるとなおさらです。

コンタクトレンズが外れたらどうしよう、などという不安がいつも付きまといます。



決してアウトドア自体が嫌いということではありません。

逆にみんなで集まって、騒いだりお酒を飲むことは好きなほうです。

でも、アウトドアという趣味は、どちらかというと宿泊がつきものです。

そのような理由から、どうしてもアウトドアというものに積極的になれなかったのです。



ヨットも実はコンタクトレンズを着用しているときに、一度知り合いに乗せてもらったことがありました。

そのときは正直こんな世界もあるんだと、ただただ感動するばかりでした。

けど、そんなときも頭をよぎったのは、コンタクトレンズのことでした。

強風が吹いてコンタクトレンズが外れたらどうしよう!

強風が吹いているときにコンタクトレンズと目の間にゴミが入ったらどうしよう!



ヨットで強風が吹いているときというのは、けっこう操船も大変だし非常事態のときもあります。

そんなときに、コンタクトレンズが・・・、なんて言ってられません。

それに、海の上でコンタクトレンズをなくしたら、どうしようもありません。

なので、やってみたい気はありましたが、どうしても本格的にというほどにはなりませんでした。



でも、今は違います。

レーシック手術を受けた後は、積極的にヨットの世界に入っていきました。

今ではヨットというとても素晴らしい趣味を得て、ヨット仲間も増えました。

人生の中で、とてもかけがえのないものを手に入れたと、心底思っています。



なので、レーシック手術で単に視力が回復しただけではないのです。

視力回復によって、いろんなものを手に入れたのです。

宿泊ありの旅行もなんのその

レーシック手術を受けたことによる恩恵はまだまだあります。

私はコンタクトレンズを着用していた時期がとても長かったのです。

みんなで旅行に行き、宿泊するときはけっこう不便でした。



なにが一番不便かというと、寝るときと起きるときです。

裸眼では何も見えない私は、寝床に入る前にコンタクトレンズを外さなければいけません。

外してしまうと、なんにも見えません。



ひとり部屋のときは、まだそれでもいいのですが、相部屋のときはいろいろが不便なのです。

旅行先でコンタクトレンズを無くした、なんてことになったら大変だし。

(実際には洗うときに流してしまう、なんてことはけっこうあるのです)



普通の人や、メガネをかけている人にとっては、たいしたことないと思うかもしれません。

でも、私にとってはけっこうストレスだったのです。



それが原因で、旅行からちょっと足が遠くなった人は、私だけではないと思います。

今では、そんなことお構いなしで、どんどん出かけています。

視力回復のおかげで地震も怖くない

レーシック手術を受けて視力回復するまでは、裸眼の視力が両目とも0.03くらいでした。

しかも、夜は特に視力が低下するのが、近視の特徴です。

真夜中の寝ている間に大地震でも起きたらどうしよう!

そう、私の住んでいるところは、いつ大地震がきてもおかしくない地域なのです。



もし本当に大地震が起きたら、メガネがないので裸眼のまま逃げなくてはなりません。

そんな状態で、家族を助けだせるのかと真面目に不安でした。

それどころか、自分が助けてもらう方になってしまうような気もしていました。

とにかく、地震が来ないことを祈るばかりでした。



でも、今は違います。

レーシック手術による視力回復のおかげで、そのまま飛び起き行動ができます。

家族に助けてもらう方ではなく、家族を助ける側になれたのです。

これは、変な地震保険に入るより、よっぽど効果が大きいかもしれません。

なので、今では視力による不安がなく、安心して寝ることができました。



そうは言っても、いくら視力が回復したからと言って、それだけで地震は大丈夫とも言えません。

いくら視力が良くても、とろくさかったら意味ありません。

結局のところ、それ以外の要因の方が多かったりしそうですから。

ただ、視力による不安がレーシック手術によってなくなったことだけは確かです。



あとは、運と気力ですかね!

レーシック手術後そろそろ3年

レーシック手術を終えてから、そろそろ3年が経とうとしています。

実際の今の状況は、右目の視力が落ちたままです。

前項で書いたままの状態が続いています。



というか、最近はもうちょっと悪くなりました。

といっても、ちょっと前に車の免許の書き換えは、問題なく通ったので深刻な問題ではありません。



原因はパソコンのやり過ぎです。

通常に仕事や趣味でやっているくらいなら、まったく問題なかったと思います。

当然、このようなブログなども、まったく問題ないと思います。



ちょっとまずかったのは、HTMLでの作成に挑戦したことでした。

通常の日本語入力とは違い、記号のようなものでタイプしたので、目の負担が大きかったのでしょう。

みるみる視力が落ちました。



といっても先程も言ったように、致命傷ではないと自分では思っています。

なので、これからレーシック手術を受ける人は、このようなことには気をつけてもらいたいです。

パソコンに限らず、目に負担がかかり過ぎることは、避けるべきだと思います。



しつこいようですが、通常的にパソコンを使うのは、まったく問題ないです。

私も毎日かなり、仕事や趣味でパソコンを使っています。

普通に使う程度ならまったく問題ないと思います。

プロフィール

Author:lasik01
中学のころから近視が進み、高校を卒業する時には、すでに視力が両目とも0.03でした。
それがレーシック手術を受けることで、今では裸眼で幸せに生活しています。
まさしくレーシック手術によって世界が変わりました。

サイトの内容


はじめに
・レーシック手術体験談を書くきっかけ
・レーシック手術とは
・レーシックの利点

視力が低下するまで
・近視によって視力が落ち始めた中学のころ
・視力低下のとどめを刺したファミコン

ど近視になってから
・メガネは不都合がいっぱい
・メガネからコンタクトレンズへ

レーシック手術を決断するまで
・レーシック手術へのあこがれ
・友達のレーシック手術体験談

レーシック手術を受けるまで
・レーシック手術前の準備
・レーシック手術前の不安の声

レーシック手術 本番
・レーシック手術の前日の検査
・レーシック手術いよいよ本番
・レーシック手術後の不安な帰り道
・レーシック手術後の緊張の夜
・レーシック手術を受けた次の日

レーシック手術後の検査
・レーシック手術後の1週間目の検査
・レーシック手術後の1ヶ月
・レーシック手術から1年

レーシック手術 そのご
・左目の視力が低下
・今度は右目の視力が低下
・レーシック手術後そろそろ3年

レーシック手術後の本音
・視力回復のおかげで地震も怖くない
・宿泊ありの旅行もなんのその
・レーシック手術によって本当に獲得できたもの

オススメの眼科・クリニック
・品川近視クリニック
・神奈川クリニック眼科
・錦糸眼科

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。